So-net無料ブログ作成

ラジコン初飛行の成果 [フライトシミュレーター]

初めての飛行は機体を障害物に衝突させて終わりましたが、機体にはなんの破損もありませんでした。
EPP 素材の頑丈さに救われました。

結果として、初日の飛行3回目にして、着陸まで成功しました。

初回:× 地上付近の案内板に衝突(着陸コースのミス)
2回目:× 立木に衝突(操縦ミスで機体を見失った)
3回目:○ 成功(クリーンな着陸)
4回目:△ やや失敗(着陸時に主翼を接地し、側転気味に着地)
5回目:○ 成功(とてもクリーンに着陸)
6回目:○ おおむね成功(オーバーラン気味に着陸)

この日6回飛行したうち、クリーンな成功は2回。3勝2敗1分け、といった感触です。
ラジコン飛行機を初めて飛ばした日にこの成果ですから、
フライトシミュレーターの練習成果は「抜群」だと思います。


初回・2回目こそ不様な墜落に終りましたが、3回目からは気を取り直してシミュレーターでの操縦を思い起こし、落ち着いて操舵するよう心がけました。ポイントは、抑え気味のスロットルコントロールです。
その結果、糸を引くような水平飛行こそできませんでしたが、ゆるやかな旋回で飛行場内をぐ〜るぐ〜ると周回させられるようになりました。意外に敏感な操舵感覚も徐々にコツをつかんで、広場内で8字飛行を繰り返す事ができるようになりました。

もしフライトシミュレーターで練習していなかったら、50回飛ばしても3回も成功しなかっただろうと思います。
飛行機が思いもしない方向に飛んでいってはパニックになり、すぐに墜落するという、とても危険な行為を無為に繰り返していたことでしょう。

機体の頑丈さにも救われました。
初回と2回目の飛行で衝突し、4回目の飛行で主翼を接地するといったハードな着陸にもかかわらず、ピアノ線の脚が多少曲がっただけでEPP製の機体には破損はありませんでした。曲がった脚を修復するだけで、すぐに再飛行にチャレンジできたのです。

機体を確認する
(飛行前の機体確認。機種はSavanna

2度の墜落と1回の接地がありましたが、無傷に見える機体です。
しかし立木に衝突したダメージが思いもよらぬ形で現れます。それは後日のことです…

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。