So-net無料ブログ作成
ラジコン飛行機の製作 ブログトップ
前の10件 | -

Silky Wind 400S 製作5 (仕上げ・完成) [ラジコン飛行機の製作]

Silky Wind 400S レッドバージョンの製作もいよいよ終盤。
メカ積みのメドが立ったところで、塗装します。

塗装するのは、ウインドシールド前方の黒い防眩色。
防眩色
キットにはシールがついていて、ぺたっと貼るだけで防眩塗装ができあがりますが、付属シールの形状がいまいち気に入らないので塗装で仕上げることにしました。

塗装部を脱脂して、防眩色の形にマスキングテープを貼ります。
塗装用のマスキング
マスキングしたら、屋外にてラッカースプレーで塗装します。

ところが!
本日は、晴天ながらも、屋外で塗装するのは無謀と言えるほどの強風。風がビュービューと吹き荒れて、スプレー塗装なぞ諦めるべき天候ですが、明日の日曜日には調整飛行したいので塗装を敢行したい!

そこで、風除けのために塗装ブースをでっちあげました。
塗装ブース?
発泡スチロールの箱にみかん箱の段ボールをかぶせて、カマド風にしつらえました。

この発泡スチロールの箱は、昨夜、家の前まで強風で飛ばされてきたゴミです。この発泡の箱が家に転がってきたときは、「なんでウチにゴミが…」と不愉快な気分になったのですが、こんな形で役に立つとは思わなかった。これはラジコンの神様の計らいか? (^^)

下のくり抜き穴から塗装するボディを突っ込んで、上部からスプレーで塗装する算段です。
うまく風をブロックしてくれるといいのですが。
塗装ブースに機体を焼べる
写真で見ると、バーベキューのカマドで飛行機を焼いているように見えます。

こんがりと焼き上がりました。
燃料はバンパープライマーと、クレオスの Mr.Color スプレーです。
焼けました

塗装が乾燥するのを待ってマスキングをはがします。FRPのボディはラッカーの食いつきが悪く、塗装が剥げないようマスキングの境目にカッターで筋をいれて、慎重にテープをはがしました。
焼き上がり
なんちゃって塗装ブースが功を奏して、塗装の仕上がりは上々です。
光沢のある奇麗な梨地状に塗り上がりました。


● リンケージの様子
リンケージの様子
両引きワイヤーの張り調整用に、ターンバックル(テトラ製)を使っています。ターンバックルを入れておくと、簡単にトリム調整ができるので重宝します。ターンバックルをそのまま使うと徐々に緩んでいくので、ネジ部分にシリコン接着剤(スーパーX2)で緩み止めを施してあります。

こうしてリンケージの写真を撮っておくと、後で機体をメンテ/修理するときに役立ちます。修理でサーボを降ろしたりするとき、リンケージを元に戻すための備忘録になります。


動作を確認して、めでたく完成っ。
シルキーウィンド 400S 完成
明日の天気はどうかなぁ? (^^)

タグ:SilkyWind
nice!(5)  コメント(6) 

Silky Wind 400S 製作4 (ラダー固定) [ラジコン飛行機の製作]

台風崩れの熱帯低気圧が通過して強い風が吹き、街は黄砂でグレーにかすむ一日でした。
無防備に外をうろうろしていると、黄砂で鼻水が出てきます。

今回はラダー部分の製作。
ラダーを組立てる

ホーンを仕込んで、切断開口部をバルサ材でふたをします。
ラダーを組立てる

ヒンジ部にバルサブロックを貼り付け、山型に削り出します。
ラダーヒンジ部の切り出し

山型の成形は、カッターナイフ一本で削り出し。
切削面から奇麗なトラモクが現れたので、思わず撮影。

トラモク(虎杢)とは、柾目材にカンナをかけると出てくる光沢のある縞模様です。
ヴィンテージ・ギターを思わせるような硬質な縞模様に、しばしうっとり。
(でもトラモクが出るような木材は、目が詰まっていて重い…)

接着剤とラッカー塗料の臭気を避けるため、接着作業と塗装はガレージで行いました。よって、途中経過の写真無し。

ラダー・ヒンジを固定し、ラダー・リンケージも仕込みました。
ラダーを固定
テールヘビーを回避すべく、ラダーのリンケージにはカーボンロッドをおごりました。

ガレージでのこつこつ作業もいよいよ終盤。完成まで、残すところメカ積みのみ。
今週末には青空デビューできるかな (^^)

タグ:SilkyWind
nice!(5)  コメント(3) 

Silky Wind 400S 製作3 (水平尾翼) [ラジコン飛行機の製作]

Silky Wind 400S レッドバージョン製作その3

しばらく製作が進みませんでした。
最大の問題は「接着剤の臭気」

エポキシ接着剤や瞬間接着剤が硬化するときの刺激臭を、家人が嫌うのです。窓全開で作業していても部屋にきつい臭いが残り、家の中にも臭気が漂います。私自身あまり好きな臭いではないし、模型工作に興味のない家族にとっては相当迷惑な臭いでしょう。この臭いをなんとかするのに難儀しました。

出した結論は「接着は、家の外で作業する」です。

家の中では、切削やネジ止めなど接着剤を使わない工作を進め、接着を家の外 (ガレージ) で行います。かなり効率が落ちる気がしますが、実際にやってみると案外早く作業が進みます。できるだけ接着作業をまとめて済ませるよう工作手順を熟考するので、結果として接着剤の硬化待ち時間のロスが短縮されるのです。これは意外でした。


今回は水平尾翼の固定。

エレベーターホーンは内装式にしました。
(オリジナル設計は、ロッドリンケージでホーン外装式)
エレベーターホーンは内装式
タイロッド(コの字連結金具)を加工して、ホーンを追加。リンケージはステンレスワイヤーの両引き。ワイヤー両引きリンケージにすると、プロポのスティックに直結しているかのようなダイレクトな操舵感覚を楽しめます。

水平面と中心線を慎重に確認して、水平尾翼を接着。
水平尾翼を接着

水平尾翼の接着では、ボディ色に着色したエポキシ接着剤を使いました。
接着剤を着色しておくと塗装する手間が省けて、色の仕上がりも奇麗になります。着色にはクレオスの Mr.Color を使いました。ほんの数滴を接着剤に混合するだけで、十分な着色ができました。

水平尾翼の固定が完了。まだラダーが残ってます。
水平尾翼の固定完了


ラッカー塗料を混合したエポキシ接着剤なんて相当な臭気を発するはずですが、屋外で作業していると風で臭気が飛ばされて、ほとんど臭いを感じません。硬化待ちの間もそのままガレージに置いておくので、家の中に接着剤やシンナーの臭気を持ち込まずに済みます。

これはイイかも (^^) って喜んでいたら、
Yahoo! で予想天気図を見てみると5月だというのに台風が。
2011/05/10 21:00 予想天気図

しばらくはガレージ作業も中断か?

タグ:SilkyWind
nice!(6)  コメント(3) 

Silky Wind 400S 製作2 (ラダー切出し) [ラジコン飛行機の製作]

Silky Wind 400S レッドバージョンの製作その2

今回はラダーの切り出し。

このキットの基本設計はラダーレス3ch仕様。ラダーはボディと一体成形されていて、ラダーを可動させたければラダーを自分で切り出す必要があります。もちろんラダー可動仕様で飛ばした方がよいので、ラダー部を改造します。

ラダー切り出し前。赤いボディが、まるで「まな板のコイ」
新品ピカピカのボディを切断するのは緊張します。
ラダー切り出し前

プロクソンのミニルーターでラダー部を切断します。
アルミのアングルでガイドレールを設け、ルーターを直線状に動かすように工夫しました。
ルーターでラダー部を切断
失敗すると後がないという緊張感で、手が震えてなかなか思い通りに切断できません。
汗をかきかき、ラダーを切り出します。

切断面をサンディングボードで真っ直ぐに研磨し、無事にラダー切り出し作業が完了。
ラダーの切り出し完了

あ〜つかれた。
今回は、ここまで。

タグ:SilkyWind
nice!(8)  コメント(4) 

Silky Wind 400S 製作1 (主翼) [ラジコン飛行機の製作]

Silky Wind 400S レッドバージョンの製作です。

一度作った機体なので、組立ての勘所はわかっています。まずは主翼の接合から。

  • エルロンの固定
  • エルロンの固定
    ヒンジはキット付属のペーパー・ヒンジと、フロッピーディスクから切り出した自作ヒンジを混用しました。

    ペーパー・ヒンジで組み上げると舵の動きが固くなり、フロッピーディスク・ヒンジで作ると動きが軽過ぎて落ち着かない感じがあります。そこで、ペーパー・ヒンジとフロッピーディスク・ヒンジを混用し、適度な舵の落ち着きと動きの軽さを両立させました。

  • カラーリング変更
  • 主翼の裏面は半透明のフィルムが貼ってあるだけ。
    主翼裏面
    この状態で飛ばすと上空で機体姿勢がたいへん見づらいことがわかっているので、あらかじめフィルムを貼り直してカラーリングを施します。

    フィルム貼り替え後。写真上が主翼の表(上面)、写真下が裏(下面)です。
    フィルムを貼って色を追加
    表の白はオラカバ、裏面の赤はオラライトのクリアレッド。このフィルム貼り替えで両翼の合計重量が4g増えました。キットオリジナルの半透明フィルムはとても軽かったことがうかがえます。

  • 左右主翼の接合
  • フィルム貼り替えができたところで、左右主翼を接合します。
    接着前に接合箇所のズレ・スキマや傾きなどの狂いがでないか十分に確認します。ARFキットはいとも簡単に組み上がりますが、主翼を狂いなく組み上げるためには事前の位置合わせが重要です。

    エポキシ接着剤をドライヤーで加熱し、バルサ生地に接着剤をよく浸透させてからがっちり接合します。
    左右主翼の接合
    念のため接合前に両翼の重量差を計測してあったのですが、左側が約3g重い。主翼接合後に左右のバランスを確認すると、重量差のとおり左側にぐらりと傾きます。このまま飛ばすとかなりの左ロール癖が懸念されるので、バラストを貼付けてバランスさせておきます。

    とりあえずボディと組み合わせて、カラーリング変更の効果を確認。
    主翼とボディの配色

    主翼とボディの配色
    上面と下面の区別を意識したつもりですが、色使いが同系統なのでいまいち微妙な印象。どこまで機体姿勢の判別に役立ってくれるかな…

    キットの主翼の状態は良好で、特に支障なく主翼の接合は完了。
    フィルム貼り直し作業が一番時間がかかりました。

    タグ:SilkyWind
    nice!(5)  コメント(5) 

    シルキーウィンド、再始動 [ラジコン飛行機の製作]

    この連休はテトラのコンドルを製作するつもりでしたが、シルキーウィンドの製作になりました。

    落としてしまった Silky Wind 400S ホワイトバージョンに代わって、新しく登場したのはレッドバージョン。
    Silky Wind 400S レッドバージョンのキット
    ちょうど去年の今頃、最初のシルキーウィンドをなかなかうまく飛ばせずに、度重なる墜落で機体がボロボロになっていくので追加のキットを購入しておいたものです。

    この機種は生産終了になって久しく、新品キットを見つけるのはたいへん難しい状況。少しでも長く秘蔵しておきたかったのに、想定よりずっと早く開封するハメになってしまいました。これを落としたらもう後がありません。今度こそ慎重に飛ばしてやろうと思います。

    とりあえず、今日はここまで。

    タグ:SilkyWind
    nice!(9)  コメント(5) 

    新機プロジェクト始動 [ラジコン飛行機の製作]

    先週撮った桜並木です。(2011年4月20日頃)
    この冬が豪雪だったためか、北陸では例年よりちょっと遅めの花盛りだったように思われます。
    桜並木
    この桜並木も週末の強風ですっかり花びらが散り、新緑が伸び始めています。
    季節もすっかり暖かくなったことだし、ここらで"新機"プロジェクトを始動します。


    ● プロジェクト始動

    テトラのコンドル20SRです。
    作りやすくてよく飛ぶ、と評判がいいキットです。

    バルサ材と部品がつまったキットのパッケージ。
    コンドル20のパッケージ
    エンジン 2st 20クラスの機体ですが、箱の大きさは Silky Wind 400S のボディとあまり変わらないコンパクトさ。

    しかし図面を広げてみると、Silky Wind 400S より、ふたまわりほど大きな全長。
    コンドル20とシルキーウィンド400のサイズ比較
    「コンドル20」の全長は、カタログ値で 1,070mm。
    コンパクトな箱に収まった部材をどう組立てると、このサイズのラジコン機に化けるのか。小柄なシルキーウィンドを見慣れた目には、図面に描かれたコンドルのボディが大きく見えます。


    ● 機体製作のコンセプト

    ARFキット全盛の時代に、バルサキットから手作り。しかもキット素組みではなく、改造します。
    改造の目的は、性能向上というシロモノではなく、単なる「改造好き」

    改造…… ああ、なんという甘美な響き。
    おっとヨダレが。

    飛行機のコンセプトは、
    1. Silky Wind 400Sより大きく、上空で見やすいサイズ
    2. スポーツ機として十分満足できる運動性と安定性
    3. 電動化し、かつ風に負けないパワー
    4. シルキーウィンドと並べても見劣りしない「格好いい」デザイン
    最初の2つの項目は、コンドル20なら間違いないでしょう。
    3つめの電動化も、そう難しいことはありません。

    しかし、4番目の「格好いい」デザインってのは個人の主観に依る趣味的問題です。
    コンドルはまあまあ格好いい方だとは思いますが、ひいき目に見ても「シルキーウィンドと見劣りしない」とまでは思えません。ここは自分が納得いくレベルでクリアしたいので、改造するっきゃありません♪ (^^)ウキウキ

    機体デザインはできる限り自分の好みを反映します。ことによってはスタント性能が多少犠牲になっても、自分の好みを優先するという「見た目重視」の素人的発想。

    さて、どれだけ自分の希望を実現できるでしょうか。

    タグ:CONDOR20
    nice!(8)  コメント(5) 

    スキーを作り直し [ラジコン飛行機の製作]

    こんこんと雪が降ります。
    雪が積もった
    このくらい積もると、北陸の冬という感じがします。
    多分、飛行場にもこっぽりと雪が積もったことでしょう。



    前回の雪上フライトがイマイチの結果に終ったので、新しくスキー板を作り直ししました。
    どうもスキーのサイズが大きすぎるように感じたので、今回は小さめに作ります。

    3mm厚のスチレンボードを短冊状にカットします。
    板のサイズは 5×23cm です。
    スキー製作:スチレンボード切り出し

    短冊状のスチレンボードを、曲げ加工します。
    スキー製作:スチレンボード曲げ
    スチレンボードも3mm厚になると、コシが強くて簡単には曲がってくれません。
    曲面の内側にカッターで軽くスジをいれ、グラステープを強く引っ張りながら貼り付けて、先端部を曲げました。

    主脚台座を取り付けます。
    スキー製作:完成
    主脚台座は、EPPブロックをスチロールカッターで切り出して作りました。
    台座をスコッチのプラスチック用接着剤でスキー板に接着し、グラステープで補強して完成です。


    タグ:雪上飛行
    nice!(5)  コメント(3) 

    スキー板を作成 [ラジコン飛行機の製作]

    連日、雪が降ります。
    Silky Wind 400S で雪上飛行にトライするべく、雪上滑走用のスキー板を作りました。

    EPPブロックで脚固定台座を作り、スチレンボードでスキーを作ります。
    まずEPPブロックを切り出すために、バルサ板でソリ型のテンプレートを作ります。このソリ型が脚固定台座の形状です。スチロールカッターの熱線が滑らかに動かせるよう、テンプレート板のエッジは瞬間接着剤とバテを使ってつるつるに仕上げます。
    EPPブロックとテンプレート

    スチロールカッターでEPPブロックを切り出します。左右2脚分をまとめて切り出しました。
    スチロールカッターでEPPを切り出す
    カッティングの途中でスチロールカッターを動かす手を持ち替えたため、カット面にへんな溝ができてしまいました。かなり不細工ですが、スキー板に隠れる部分なので目をつぶります。

    スチレンボードをスキー型に加工します。
    スチレンボードをスキー型に曲げる
    スチレンボードはコシが強いので、いくら曲げてもすぐに真っ直ぐに戻ってしまいますが、グラステープを強く引っ張りながら貼り付けることで、カーブ状に曲げることができます。

    EPPブロックをカーボンシートで補強し、スキー形状に曲げたスチレンボードと接着します。
    写真は、脚固定部をプラスチック板で補強した状態です。
    EPPブロックと接着
    重量を量ると 54g …… 重いなぁ。後脚を合計すると 64g。
    機体重量が1割増える状態になるので、飛行への影響が出そうです。ちょっと作りが大げさ過ぎました。スキーと言うより、水上機のフロートといった印象です。

    カーボンの黒色が目立ちすぎるように感じたので、赤いビニールテープでカバーしました。思いっきり手抜きのカラーリングですが、カーボンむき出しよりは機体カラーとマッチしています。雪上では目立つ色にしておいた方が、機体姿勢が見やすくなります。


    機体にスキーを装着した様子です。
    シルキーウィンドにスキーを装着
    前脚は主翼の主脚をそのまま使いました。
    後脚はピアノ線を加工して作り、ウイングボルトと共締めで固定しました。
    後脚を追加した影響で重心が数mmほど後退しましたが、いちおう設計指示の範囲内です。

    20cm ほど雪がつもっている庭で滑りを試したところ、なかなか良好な感触。
    離陸は問題なくできそうな気がします。

    (P.S. 雪上飛行にトライした様子はこちら。)


    nice!(2)  コメント(2) 

    Silky Wind 400S 製作8 (メカ搭載) [ラジコン飛行機の製作]

    (Silky Wind 400S 製作その7はこちら)

    コツコツと組み立てて来たシルキーウィンドも、メカ類を搭載すれば飛行可能な状態になります。

    ● モーター・アンプ搭載

    この機体はモーター部分の開口がなく、主翼取り付け部からモーターを押し込む必要があります。
    ボディ内部が狭くてモーターの固定はすごく難儀するかと思いましたが、意外に簡単に取り付けできました。

    まず、あらかじめモーターとアンプ(ESC)をつなげておきます。
    そして、モーターのプロペラシャフトにノイズレスチューブやピアノ線などをテープで固定し、シャフトを延長します。その延長したシャフトをボディの内側からモーターマウントのシャフト穴へ通します。
    モーターを主翼開口部から引込む
    シャフト穴へ通した延長シャフトをたぐり寄せて、モーターを機首先端まで引込みます。
    これでモーターの取り付けができます。


    ● 受信機・サーボ搭載

    モーターを積み込んだら、メカ類・リンケージパーツを載せてみて、重心を確認します。

    ラダーを追加したのでテールヘビーになることを心配していましたが、アンプ・バッテリー・受信機・サーボ・BECをすべて機首側に寄せると、なんとか説明書指定の重心位置になりました。

    BECはアンプ内蔵のBECは使わずに、わざわざスイッチングBECを追加しています。
    余計な重量がかさみますが、どのみち10g程度のバラストを載せないと重心が合わなかったので、BECを追加することにしました。アンプ内蔵BECの電流許容量もいまいち心もとなかったのですが、これでBEC容量の心配はなくなります。

    サーボを搭載
    写真はサーボを積んで、リンケージを済ませた状態。

    ラダーリンケージはキット付属のプッシュロッド、エレベーターはワイヤー両引きリンケージ。
    ボディ内側にテープで貼り付けてあるリード線は、2.4GHz 受信機のアンテナです。

    アンプ・BECはスチレンボードで作ったマウントベイに固定して、マウントベイを機首に押し込んで固定しました。機首のスペースが狭いので、スチレンボードをぎゅっと押し込むだけで固定できました。


    ● バッテリーベイ

    EPPとスチレンボードを工作してバッテリーベイを作りました。
    EPPでバッテリーベイを作成
    このバッテリーベイを機首に押し込んで固定します。
    EPPのクッション性がバッテリー保護に役立ちます。


    その他こまかい作業を済ませて、ようやく飛行機を飛ばせる状態になりました。
    デカール貼付けなど機体のお化粧は、テスト飛行が成功してから作業します。


    (さて、テスト飛行の結果は?)


    タグ:SilkyWind
    nice!(0)  コメント(0) 
    前の10件 | - ラジコン飛行機の製作 ブログトップ

    この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

    ×

    この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。