So-net無料ブログ作成
検索選択

iPhone でフライトシム - PocketWings [フライトシミュレーター]

日射しがジリジリ熱いです(暑い、ではなく…)。もう夏ですね。
根性無しの私は飛行場から足が遠のいて、近頃はもっぱらお部屋でフライトシミュレーター。

最近では、PocketWings: Discovery Island という iPhone/iPad アプリが面白かったので紹介します。iPhone 本体を傾けて操縦する、3D フライトシミュレーターです。



アプリの起動画面
PocketWings 起動画面

一番機は、ソッピースキャメル。
ソッピースキャメル PocketWings
飛行機は他に5機種、全6機種を選べます。

操縦方法は簡単で、iPhone 本体を左右に傾けてエルロン操舵、前後に傾けてエレベーター操舵。スロットルは画面上のツマミを指でスライドして操作します。
機種によってはフラップ&引込み脚もついており、画面上のボタンで上げ下げできます。

飛行機の操縦特性は、素直な操縦性に味付けされています。
本当なら第1次大戦時代の複葉機はやや安定性に欠け、ちょっとふらふらしながら飛ぶものですが、このアプリはそこまで細かく飛行特性を再現していません。素直な操縦性の飛行機で、気軽に空の散歩を楽しめます。


操縦に馴れたら、腕試し

スタートしてすぐ右上空に見える、バルーンの輪くぐりに挑戦します!
まずは腕試し PocketWings

この時代の飛行機はエンジン出力が低くて、一気に高度を上げることができません。旋回しながらゆっくりと高度を上げていきます。やんわりと高度を稼いだら、バルーンにつり下げられたリングに機体の軸を合わせます。
輪くぐりに挑戦 PocketWings

機体の軸線はばっちり。
うまく、くぐれそうです。
無事にくぐれそう PocketWings

リングを無事にクリアしました。このリングの先に、もう一つ別の空中リングがあり、さらに向こう側に滑走路が見えます。2つ目のリングもくぐって、そのまま滑走路にアプローチしましょう。
滑走路が見えてきた PocketWings

第2のリングも無事にくぐれたので、そのまま滑走路へアプローチします。
滑走路へアプローチ PocketWings

もうすぐ着陸。上空から一気に降下したため、速度が出ています。
もうすぐ着陸 PocketWings

着陸寸前。ちょっと速度オーバーか?
着陸寸前 PocketWings

タッチダウン。
速度が速すぎたのでバウンドしちゃいましたが、無事に着陸成功。
着陸 PocketWings

そのままこの滑走路から飛び立つと、すぐ近くに市街地が見えてきます。
市街地へ向かう PocketWings

アプリの操作にも慣れてきたので、まわりの風景も見回してみます。
視点を切替えて画面をフリックすると、飛行機を好きなアングルから見ることができます。
サイドビュー PocketWings

フロントビューにしてみます。
対面になるのでエルロン操舵が左右逆になります。これはラジコンの操縦でもお馴染み。
フロントビュー PocketWings

斜め後ろからの視点なら、近くを通り過ぎる風景も楽しめます。
山頂の城郭 PocketWings


選べる機体は6機種

フォッカーDr.1
第1次大戦では、ソッピースキャメルと並んで有名な戦闘機。
フォッカーDr.1 PocketWings

ロッキード L-1649 スターライナー
細い胴体に4発エンジン、3枚の垂直尾翼が特徴的。
Lockheed L-1649 PocketWings

アメリカ沿岸警備隊の HC-130J。
自衛隊でもお馴染みの、C-130 輸送機の派生機です。
Lockheed HC-130J PocketWings

飛行機好きな人には馴染み深いであろう機種が、全部で6機種用意されています。
機種の選択画面でも3Dの操作が可能で、画面をフリックしたりピンチしたりして、飛行機のビューを変更できます。操縦特性も機種ごとに味付けが違い、よくできてます。

で、このアプリのどこが面白いのか?
記事が長くなったので、次回へ続きます。≫

PocketWings: Discovery Island
PocketWings: Discovery Island - PocketWings, LLC


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

金星と朝フライト [フライトログ]

今朝は、金星の太陽面通過がありました。

先月の金環食に比べると地味な天体現象で、積極的に見ようという気になれなかったのですが、次回の太陽面通過は105年後ということを知ったら、えらく貴重な体験のように思えてきました。
今回見逃したら、私の寿命ではもう二度と見ることはできません。

では、思い立ったが吉日。さっそく早朝フライトに出掛けました。
(金星とどういう関係が? (^^;)

朝の空気はひんやりとして、気持ちがいいです。
草が伸び放題だったグランドも草刈りが済んで、芝の朝靄が朝陽に光っています。奇麗だな。
早朝フライト

風はべた凪の無風。
ラジオ体操の前にひと飛ばし。
スタント飛行の練習をしたり、機体の調子をみたりで4フライトしました。

日が高くなるにつれ、徐々に暑くなってきます。
通勤ラッシュで道路が混む前に、さっさと撤収しよう。



家に着いた頃、空は晴れて上々の太陽観測日和。
金星太陽面通過の撮影にトライ!

金星はとても小さく見えるので、ちゃんとした望遠レンズが必要です。
一眼デジに 200mm の望遠レンズをつけて、撮影しました。

太陽は案外小さくて、200mm レンズでも画角の真ん中に「ちょん」としか写りません。
思いっきりトリミングしてこのサイズです。
太陽面を通過する金星を撮ってみた
左上方に見えるゴマつぶのような影が金星です。
金星だけでなく、太陽黒点もいくつか写ってます。
安物の日食メガネをNDフィルター代わりに使ったものですから、画像が不鮮明です。

ま、やってみたら写っていました、というレベルですね。


鮮明&迫力の画像は、NASA やら JAXA のサイトでご覧下さいませ。(^^)
SDO's Ultra-high Definition View of 2012 Venus Transit -- Path Sequence (NASA)
Venus Transit by NASA

太陽の表面がすごいことになっていますが、多分、X線撮影画像だと思われます。
(6/7追記:X線ではなく、極紫外線らしい)

「ひので」から見た金星の太陽面通過 (JAXA)
Venus Transit ひので

でか! 衛星軌道からの映像です。
金星ってこんなにデカイのか…

タグ:SilkyWind
nice!(8)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

対面ホバに挑戦 [フライトシミュレーター]

せっかくの週末ですが、飛行場へ行かずにシミュレーターネタが続きます。

貧乏暇無しなので、そうそうラジコンばかり飛ばしているわけにもいきません。飛行機を飛ばしたい気持ちを抑えて日常生活を地道に送っているわけですが、実は RealFlight (リアルフライト)という便利なモノでせっせと練習に励んでいます。(素直に飛ばしに行けよ… (^^; )

ちょっとした時間の合間にフライトシミュレーターで息抜きするわけですが、気合い入れて練習モードで飛ばしてばかりでは気分転換になりません。気分を変えるべく、久しぶりにヘリコプターの操縦に挑戦しました。

Finch という小型ヘリをセレクトしました。
RealFlight - Finch 049
エンジンが 049、ローター長 270mm、固定ピッチの小ぶりな機体です。


ちなみに私は、ヘリはうまく操れません。まったくのド素人です。
(ヘタクソともいう)

いわゆる「ケツホバ」なら、なんとか浮いていられます。しかし対面ホバリングは超苦手で、機首がこちらに向いたとたん、機体があちらこちらへフラフラしだして、止めることができません。
今までは、対面状態になったら即ケツホバに戻して上空へ逃げるか、こらえ切れずに墜落させてガシャン!でした。

でも今日の私は、今までと違う様な気がします。

気合いをいれて、苦手な対面ホバ姿勢にいれました。
対面姿勢に挑戦

おおっ! まがりなりにも対面姿勢を維持中。
対面ホバ維持中
いつもより余計に回しています。(^^;)v

風の設定は、最大3mph。シミュレーターでの感覚では 1〜2m/s ほどの弱風です。
風でふらふらと流されますが、チョイチョイと舵を打って機体を元の位置に戻すことができます。
プロポから片手を離してスクリーンショットを撮る余裕まであります。
この状態で燃料が切れるまで、浮いていられました。

ここしばらくはヘリから遠ざかっていたのに、急にどうした風の吹き回しでしょう。

対面ホバができないうちはヘリには絶対手を出さないと心に誓っていたのですが、これがきっかけで、ヘリにも手を出すようになったら貧乏暇無しの上塗りです。
もう勘弁してください。(T_T)


Amazon.co.jp Amazonで「リアルフライト」を検索

nice!(3)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。