So-net無料ブログ作成

週末の飛行場 [フライトログ]

よく晴れた週末の土曜日、いつもの飛行場です。
先週まで残っていた雪は連日の晴天ですっかり融けて、冬枯れの芝地が広がっています。
晴れた週末

ついにスキー板ともお別れです。

雪上フライトでは、離陸の瞬間が大好きでした。
文字通り、滑るように速度を増して、ふわっと浮き上がる瞬間を見るのが大好きです。

草地では、ゴトゴトと車輪を弾ませながら走るので機体がピョコピョコと跳ねます。雪上滑走に比べるとちょっと興ざめな思いをします。
でもひとたび空に上がれば、スキー無しの方が飛びのキレが良く元気です。
春先ですから、飛行機も長靴よりスニーカーがお似合いということですね。

アンプも新しくなって、トップスピードの力強さが出てきました。
発熱も減ったし、このアンプ(THUNDERBIRD-36)はお値段に見合った仕事をしてくれます。
選択は正しかったと思いました。

今日は連続ロールや背面ロールなど、ロール技の基本練習。
出来映えは 20点くらいかな…
連続ロールでは、当て舵のタイミングがずれて高度が下がり、アセアセ (^^; しかけました。
こんな初級レベルのミスは早く卒業して、一発で決められるようになりたいものです。



晴れて暖かい日だったので、飛行場はラジコン同好の諸氏で賑わいました。
みなさんバリバリの3Dヘリ・フライヤー揃いで、飛行を見ていると圧倒されます。

TOS さんの T-REX600、バックフリップしてます。
T-REX600 フリップ

京商 エアリウム EDGE 540 の離陸タキシング。
京商 aiRium EDGE540

LOGO 600 という機種ですかね?
LOGO600
フライバーレスです。
尋常じゃないクイックさで機動するので、私の目には瞬間移動しているように見えちゃいます。

タグ:SilkyWind FIELD
nice!(7)  コメント(5) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

結局、モーターも交換 [墜落と修理・整備]

週末の昨日、よく晴れたので、シルキーウィンドを抱えて飛行場へ出かけました。
広場の雪はだいぶん融けています。
だいぶん地面が現れていますが、まだ車輪滑走よりスキー滑走に向いた状態です。

飛行場では、TOS さんと一緒になりました。
久しぶりにTOS さんのフライトを拝見します。快調にガンガン飛ばしています。
TOSさんの Super Voyager
↑写真は、TOSさんが操るスーパーボイジャー


さて、私もフライト準備です。

ところが!

新しいアンプ (ESC) に交換したというのに、またもやモーターが回転不調です。
フルハイにすると、モーターが「ガー!」と異音を発してパワーが落ちます。
前回、テストベンチではちゃんと快調に回っていたのに、飛行場で不調になるとは…

もうガックリです (T_T;
飛行場で悩んでいても手のうちようがないので、自宅に戻って予備のモーターに交換することにします。

買い置きしてあった同じモーターに交換して、あらためてモーターの回転をテストします。
機体に積んだ状態でモーターテストを行い、ワットメーターとタコメーターでパワーを数値で確認しました。
IM 8X5 プロペラで、200W・19A、9,900rpm
APC 8X6E プロペラで、228W・20A、9,700rpm

この新しいアンプ (THUNDERBIRD-36) は、以前のアンプに比較して入力電力と回転数が1割程上がっています。以前のテストで感じたパワー向上感を、この計測結果ではっきり確認できました。期待通りのパワーを発揮してくれます。


復活フライト成功

交換したモーターが快調に回ることが確認できたので、いそいそと飛行場へ戻ります。
飛行場に着いた頃には午後4時を回っており、日が西空へ傾きかけていました。
もう広場には誰もいないと思っていたら、同好の諸氏が増えています。みなさんも、お好きですね (^^)

さあ、さっさと飛ばさないと日が暮れそうです。
飛行機にバッテリーを積んで、舵の動作を確認。
モーターの回転も、今度はバッチリOK!

やっと無事にフライトできました。
上空でもアンプとモーターは問題なさそうです。
(フライトの写真を TOS さんが撮ってくれました。)

フライトを終えたSilky Wind 400S
私が飛ばし終えたのは、午後5時をまわった頃。
広場に残っていた皆さんも、もうお帰りです。
私もやっと帰ることができます。


帰り道、夕暮れ空に飛行機雲が光ります。
夕暮れの広場


それにしても、今回のモーター不調はなかなか原因が判らずに右往左往しました。
先輩諸氏によると、こういうことは時々あるようです。
nice!(10)  コメント(8) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

新しいESC [墜落と修理・整備]

モーターから激しい異音がするようになったので、新しいアンプ(ESC)を注文しました。
頼んでおいたアンプが届いたので、動作チェックします。

まずは、機体からモーターとアンプを降ろします。
機体から降ろしたアンプ、モーター
モーターは enRoute enPower 26-1200、アンプは同じく enRoute enESC-30LC です。

念のため、モーターを分解して点検しました。

アウターローターの磁石は外れておらず、しっかり固定されています。
ステーターにも異常はなく、コイルが焦げた様子もありません。
何度か機首から突っ込んだ割に、シャフトの芯ブレもベアリングのスレもありません。
このモーター、結構丈夫なヤツです。
ベアリングに注油
気休めにベアリングに注油して、整備を完了。

このモーターとアンプを、テストベンチに取り付けて回してみます。
無負荷ではスムースに回りますが、プロペラをつけて回すと、とたんにガガガガ!と激しい異音を立てます。
アンプが故障しているように思われます。


さて、新しいアンプを試します。

Castle Creations の THUNDERBIRD-36 です。
THUNDERBIRD-36

コヤツは、Li-Po 3セルまでという割り切りスペックなのに 5,600円もします。
30Aクラスのアンプなら、他に4セル対応のものが 2,500円ほどであります。それらに比較するとちょっと高価です。

このアンプを選んだ理由は、サバンナで使っていた THUNDERBIRD-18 がなかなか好感触だったためです。スロットル・スティックに滑らかについてくるパワー感を期待して、つい奮発しました。


では、テストベンチのモーターに THUNDERBIRD-36 を接続して回してみます。

おお、力強く回っています!
回転も滑らかで、強い引きがあります。

アンプひとつでこうも違うモノか…
日が暮れたのでタコメーターでの計測はしませんでしたが、ちょっと回しただけで値段相応の手応えが感じられました。これなら飛行機の飛びも期待できそうです。


タグ:ESC SilkyWind
nice!(5)  コメント(5) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ESC損傷? [墜落と修理・整備]

この連休は大雪の予報が出ていましたが、北陸の天候は小康状態でした。
連休中の天候は、おおむね晴れたり曇ったりで、たまに小雪がちらつく程度。

連休の初日は家族とお出かけ。
連休2日目に、飛行機を抱えて飛行場に出かけました。

一面の積雪ですが、ここ数日はあまり雪が降らず、徐々に雪が浅くなってきています。
前日はフライトを楽しんだ方々が多かったと見えて、雪面にフライトの形跡がたくさん残っています。

さて、いつもの Silky Wind 400S をスタンバイ。


ところがスロットルのテストで、モーターの回転が上がりません。

フルハイの回転中にガガガガ!と激しい異音を立てます。スロットルを下げて、もう一度ゆっくりとスロットルを上げると、5秒ほど回転を維持できるのですが、すぐにガガガガと異音を立てて回転が落ちます。
モーターのベアリングがいかれたのかと思い、試しにプロペラを外して無負荷で回転させると「ウィーン♪」 と軽快に回ります。ベアリングの異常やシャフトの芯ブレは感じられません。

しかし、いろいろ試しているうちに、スロットルを上げてもモーターが追従しなくなったかと思うと、突然、キュイーン!と大きな発振音がしてモーターが動かなくなりました。スロットルを操作しても、キ・キ・キと奇妙な発振音を立ててピクつくだけで、モーターが回りません。


なんか、ちょっと焦げ臭い ………… (・_・)

アンプ (ESC) が壊れたような気がします。
フライトは中止です。


思い当たる節はありました。
以前のフライトで、タキシング中にスキー板が外れて、飛行機が思いっきりコケたことがあったのです。プロペラが雪面を叩いて、固い雪を深くかじりました。

念のためモーターとアンプを機体から降ろして異常がないか点検しました。テストベンチで回してみると、電流・回転数とも異常なくフルパワーで安定して回ります。しかし、時々、スロットルの動きにモーターの回転がついて来ない時がありました。ちょっと違和感を感じないでもなかったのですが、やがて調子を取り戻して、ちゃんと全速で回るようになったので、その時は大丈夫だと思ったのです。

しかし、モーターではなくアンプがダメージを受けていたようです。
モーターは墜落で破損させる心配があったので予備の買い置きがあるのですが、アンプを損傷させるとは思わなかったので、アンプの予備はありません。

アンプ、注文しなきゃ… (T_T)

タグ:ESC SilkyWind
nice!(5)  コメント(5) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

豪雪の日 [フライトログ]

先月末(2011年1月)、北陸地方で記録的な雪が降りました。
雪に慣れているはずの北陸でも、あちこちで交通網が混乱し、北陸本線も終日運休。立ち往生した列車中で二日間を過ごした方たちの様子がニュースで報じられていました。

私個人の感覚では、10年前の方がたいへんな豪雪だったような気がするのですが、どうも今年の方がよく降ったようです。おそらく一度豪雪を体験すると、二度目にはあまり驚かなくなっているのでしょう。

雪には慣れている… というものの、雪かきはたいへんです。
雪かきはたいへんじゃ

近所の公園では、遊具が雪に埋もれました。
豪雪に埋もれた公園の遊具
雪面に足跡がないのは、積雪が深過ぎて子供の身長では出入りできないためです。(^^;



そんな大雪が積もった先週。
世間様が大雪でヒーヒー言っているときに、ラジコン飛行機を飛ばしに行く○○○○が1名。
豪雪の飛行場

連日降り続いた雪のおかげで、飛行場の入り口も埋もれていましたが、連日の除雪で鍛えた腕力&脚力で雪の壁を突破。誰もいない(誰も来れない)飛行場で一人のびのびと雪上フライト。

日が西に傾きかけるまで遊んでいたことは、仕事の取引先には内緒です。(^^;
雪上フライトを終えて

で、そのツケが今、来ているところです… (T_T)


nice!(3)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。