So-net無料ブログ作成
検索選択

ロールレートと舵角 [フライトログ]

● Silky Wind 400S - 舵角調整

鋭く回るロールを決めたくて、エルロンの舵角を調整しました。
スポーツ機らしくロールはクルクルッ!と機敏に回って欲しい。そこでエルロン舵角を大きくとっていたのですが、いまいちもっさりとしたロールの動きだったので、少々不満でした。

どうも舵角を増やせばロールレートが速くなる、というものでもないようです。

D/R (デュアルレート)でエルロンの舵角を 100% ←→ 90% に設定したのですが、実際にフライトすると 90% 舵角の方が 100% 舵角の時よりロールレートが速いのです。Silky Wind 400Sのようなスポーツ機は、舵角を大きくしすぎるとかえって舵の効きが悪くなるのかも知れません。

リンケージを調整してエルロンの舵角を減らしたところ、クルクルッ!と機敏にロールするようになりました。
ヨシヨシ (^^)v


● ローアングルで撮影してみる

以前 Falcon さんのブログで見た、ローアングルで撮影されたスケールヘリの写真が格好良かったので、自分もシルキーウィンドをローアングルで撮影してみました。
ローアングルで斜め前から
なんだかミニチュアっぽく見えて、迫力に欠けます。
まあ、実際に模型飛行機なんですが、狙っていたような迫力ある写真にはなりません。

ローアングルで横から
こちらはそれなりに見えるかな。
脚がピアノ線丸出しでは、実機感が出ませんね。


● 超ウルトラ・ローパス

フライトの合間に広場を眺めていると、ハンパないスピードで超低空ローパスを決めてるヤツがいました。
鋭いローパス

鋭いターンもこともなげに決めます。
超低空ターンを決める!

ローパス軍団が現れると雨が降るという言い伝えがありますが、明日の天気は?
超低空ローパス

Yahoo! 天気情報をチェックすると、台湾近辺を台風がうろうろしています。
日本には上陸しなさそうですが、梅雨前線を刺激するかも。
台風3号

タグ:SilkyWind
nice!(11)  コメント(5) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 11

コメント 5

Falcon

こんばんは。
調整が上手くいっているようですね。

ローアングルで撮るときは、
カメラが地面ギリギリですね。
また、もう少し正面からのアングルの
方が機体が格好よく写ると思いますよ。
by Falcon (2011-06-11 00:50) 

gen

舵角を増やせば早くなると思っていましたが、一概にはそうではないんですね。
過ぎたるは及ばざるが如しで、抵抗になっちゃうんですか。
勉強になりました。
by gen (2011-06-11 07:48) 

KONI

Falcon さん、コメントありがとうございます。
写真の撮り方のコツ、ありがとうございます。
もっとギリギリ迫った方がいいですね。

gen さん、こんばんは。
3Dファンフライ機を見慣れているせいで、ついつい舵角を大きくしてしまいました。
スポーツフライトの速度域では、舵角を大きくしすぎるのはよくないようです。
by KONI (2011-06-11 23:47) 

たく

ツバメと同じように飛べたら凄いですね。

もう、近付いているのでは・・・・?
by たく (2011-06-12 20:58) 

KONI

たくさん、コメントありがとうございます。
ツバメの飛び方は、とても真似できません。(^^;
ラジコン機に例えれば、地上1mをフルスピードでローパスして、そのまま急反転をかけるような感じです。
by KONI (2011-06-13 15:28) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。